選手紹介
選手紹介

プロ選手紹介

リングネーム

伊仙町 典久

本名

中川 典久

生年月日

1986年2月9日

出身地

徳之島伊仙町

出身校

樟南第二高等学校

血液型

A型

身長

170㎝

体重

64㎏

デビュー年月

2011年12月25日

戦績

22戦11勝10敗1分

特技

左ストレート

タイプ

サウスポー

座右の銘・目標

損して得取れ・ジムを引っ張いく存在になる

主な経歴

RISE RISING ROOKIES CUP 2012
バンダム級 準優勝
第4代 J-NETWORKスーパーバンダム級王者

紹介

1986年、闘牛で知られる徳之島に生を受ける。かつては将来を嘱望される高校球児だったが、郷土風潮でもある闘牛の姿に心を打たれ、牛に寄り添い牛を操る勢子(せこ)を志す。闘牛への取り組みの中、胸に今も残る向こう傷を負うとともに、生命の危機をさまよい、一度は勢子への道を諦める。

その後、就職のために上阪。格闘技とは無縁な失意の生活を送っていたが、とある勤務先に併設されていたジムで出稽古に訪れていた元J-NETWORKウェルター級王者にして元WMAF世界同級王者、北山高与志と出会い、戦う闘志が再燃。その場で弟子入りを志願し、キックボクサーとしての道を歩み出す。

アマチュアマッチから這い上がり、25歳でプロデビュー。2013年にはライズルーキーズカップ決勝に進出、2015年にはJ-NETランカー楠本紘平を撃破するなど、徐々に頭角を表す。

満を持してあがったのは2016年、師匠ゆかりのJ-NETWORKのリング。初戦から連勝重ね遂に手にしたタイトル挑戦権。相手は三冠王の生え抜きチャンピオン。綿密に練った作戦が功を奏し、3R3度チャンピオンをマットに沈め、伊仙町がKO勝ちで王座を奪取。涙の初戴冠を果たした。

戦線

2017年05月03日Kockout VS Phoenix祥吾(MuaythaiPhoenix)1RTKO負け

2017年12月10日MAキック VS 大久保拓(士道館ジム)判定2-1×4R判定負け

2017年08月06日BOM VS 竹内将生(エイワスポーツジム)3RTKO負け

2017年05月05日J-NETWORK VS 村越優太(湘南格闘クラブ)判定3-0×3R判定負け

2017年02月25日J-NETWORK VS 渡辺優太(エイワスポーツジム)3RTKO勝ち

2016年10月10日J-NETWORK VS リョウペガサス(アカデミアアーザー)3R判定3-0勝ち

2016年07月31日J-NETWORK VS 押方慧介(レグルス池袋)3RTKO勝ち

2015年07月05日NJKF VS ピチットチャイサキガケジュク(魁塾)2RTKO負け

2015年04月05日NJKF VS 楠本紘平(M-Factory)判定3R判定3-0勝ち

2014年11月12日NJK VStatu魅(武心會)1RTKO負け

2014年10月19日NJKF VS阿羅斗(ESG) 3R判定3-0負け

2014年03月90日NJKF VS虎之助(誠輪館)3R判定3-0勝ち

2013年11月14日RISE VS鮫島力(薩摩ジム)3RTKO負け

2013年08月25日RISE VS鈴木雄太(STURGIS新宿ジム)2RTKO勝ち

2013年06月19日RISE VSユウピョウ(翔拳道)1RKO勝ち

2013年05月12日DEEPKICK VS祐治(M-Factory)3R判定3-0勝ち

2013年02月10日DEEPKICK VS木内佑太(風吹ジム)2RTKO負け

2012年10月28日NAGOYAKICK VSMAN48 判定3-0 3R判定3-0勝ち

2012年06月03日NAGOYAKICK VS高田直也(風吹ジム)3R判定3-0勝ち

2012年02月05日DEEPKICK VSEguru佑(arena)判定0-0△ドロー

2012年04月22日新日本キック VS堀口跳ニ(伊原稲城)3R判定3-0勝ち

2011年12月25日DEEPKICK VS辻村ジュサブロウ(誠輪館)3R判定3-0負け

uppng