北山高与志のご紹介
北山高与志のご紹介

経 歴

北山高与志

1994年(当時17歳)キックボクシングジムに入門。
2000年関西アマチュア選手権大会 優勝 ・MVP獲得。
全日本アマチュア選手権大会優勝などの成績を残す。
2002年大学卒業と同時に就職の為、一度現役を引退。埼玉に転勤。
2003年、一度辞めたキックボクシングが忘れきれず、神戸に越し、キックボクシングジムにコーチとして就任。
2004年、25歳の誕生日にプロデビュー。しかし結果は1RKO負け。
2007年1月、1DAYトーナメントを勝ち上がり、3月21日、デファ有明でおこなわれた、王座決定戦では完勝。J-NETWORKウェルター級王者になる。
2008年4月11日、3RKO勝ちで王座を防衛。
2009年2月15日WMAF世界ウェルター級王座に挑戦。完勝を収め。神戸で初のキックボクシング世界王者となる。
2010年5月、K-1出場を目指し、所属ジムから円満独立。同時にWMAF世界タイトルを返上。神戸市三ノ宮の公共施設(コミスタ神戸)を借りて、チームBLA-FREY結成。
20011年6月25日、15㌔減量を乗り越えて、念願のK-1の舞台に立つ。ダウンを奪い終始圧倒し、大差の判定勝ち、K-1での勝利を初めて神戸にもたらす。
2011年9月25日、再度K-1のリングに立ち3RKO負け、顎関節を2ヶ所骨折し、自身最後の公式戦となる。
2012年4月29日、「DEEP KICK11北山引退興行」にて引退。
2012年5月芦屋市の整骨院を借りてBLA-FREY芦屋校を開校。
2012年8月HAT神戸 灘の浜集会所を借りてBLA-FREY摩耶校を開校。
2013年9月25日、念願の常設ジムを春日野道に設立。
2017年2月25日、東京後楽園ホールにて所属選手から日本王者を輩出する。
2018年4月神戸ポートアイランドにてキッズキックポーアイ教室を開校

動画紹介

新聞・雑誌

神戸新聞 朝日新聞 神戸タウン誌 ポ-アイ24 産経新聞 この人あり① 産経新聞 この人あり② 産経新聞 この人あり③ アスタリール株式会社 アスタビータ広告 実話ドキュメント 格闘ドキュメント 日刊ゲンダイ 広報かたの 広報かたの

uppng